menu

薬草ケアサロン薬草ハーブスクールYIM(イム)

ブログ

モリンガの鞘と葉のデータ比較

モリンガとは

モリンガは、ワサビノキ科の植物です。モリンガの根に香味があることからワサビノキと呼ばれていますが、ワサビとの関連はありません。フィリピンのタガログ語では、マルンガイ・カムンガイ・カモンガイなどと呼ばれます。

β-カロテンやカルシウム、鉄、ポリフェノールなどさまざまな栄養素を豊富に含んでおり、その栄養価の高さから「ミラクルツリー(奇跡の木)」「生命の木」とも呼ばれています。

モリンガは木や葉だけでなく種・幹・枝・花・根・茎・樹皮・鞘(ドラムスティック)といったすべての部分を食べることができ、利用価値が高いのも特徴のひとつ。

原産地は、インドを中心とする南アジアの地域や、アフリカ・南米の地域です。

インドでは食材として現地の人に食べられているほか、伝統医学「アーユルヴェーダ」に約300の薬効があると紹介され、紀元前から治療やマッサージ施術の素材として用いられていました。

キヌアやアマランサスと同じスーパーフードのひとつで、日本では自生していない植物です。

近年ではサプリメントをはじめとしたモリンガの加工品が販売されるようになり、少しずつ注目が集まっています。病害虫に強く、栽培が容易であるため、国内でも沖縄県で栽培されています。

モリンガに含まれる成分・栄養素

モリンガ100gに含まれる成分・栄養素は下記表の通りです。

モリンガ(ワサビノキ)100 gあたりの栄養価

部位 鞘(ドラムスティック)
エネルギー 64 kcal (270 kJ) 37 kcal (150 kJ)
炭水化物 8.28 g 8.53 g
食物繊維 2.0 g 3.2 g
脂肪 1.40 g 0.20 g
タンパク質 9.40 g 2.10 g
ビタミンA相当量 (47%)378 µg (1%)4 µg
チアミン (B1) (22%)0.257 mg (5%)0.0530 mg
リボフラビン (B2) (55%)0.660 mg (6%)0.074 mg
ナイアシン (B3) (15%)2.220 mg (4%)0.620 mg
パントテン酸 (B5) (3%)0.125 mg (16%)0.794 mg
ビタミンB6 (92%)1.200 mg (9%)0.120 mg
葉酸 (B9) (10%)40 µg (11%)44 µg
ビタミンC (62%)51.7 mg (170%)141.0 mg
ナトリウム (1%)9 mg (3%)42 mg
カリウム (7%)337 mg (10%)461 mg
カルシウム (19%)185 mg (3%)30 mg
マグネシウム (41%)147 mg (13%)45 mg
リン (16%)112 mg (7%)50 mg
(31%)4.00 mg (3%)0.36 mg
亜鉛 (6%)0.6 mg (5%)0.45 mg
マンガン (17%)0.36 mg (12%)0.259 mg
水分 78.66 g 88.20 g
%はアメリカ合衆国における成人栄養摂取目標(RDI)の割合。
出典: USDA栄養データベース
 
 
カテゴリー
月別アーカイブ
新着記事

イベント情報

event
2022年01月07日
2021年12月30日
2021年12月21日
2021年12月12日
2021年10月30日
イベント情報を詳しく見る

ブログ

blog
2022年01月07日
2021年11月26日
2021年01月06日
ブログを詳しく見る
メールでのお問い合わせ

ページトップへ