menu

薬草ケアサロン薬草ハーブスクールYIM(イム)

ブログ

野草・薬草料理講座のご紹介

野草・薬草料理講座レジュメ

  1. はじめに
  • 講座の目的: 野草・薬草の基本的な知識とその料理への活用方法を学ぶ。
  • 対象者: 野草・薬草に興味がある方、健康的な食生活を求めている方、自然食に関心がある方。
  1. 野草・薬草とは?
  • 定義: 自然の中で自生する草花のうち、食用または薬用として利用される植物。
  • 歴史: 野草・薬草の利用の歴史とその文化的背景について簡単に説明。
  1. 野草・薬草の効果
  • 栄養価: 野草・薬草に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養素。
  • 健康効果: 消化促進、免疫力向上、デトックス効果など。
  • 薬効成分: 抗炎症作用、抗酸化作用、鎮痛作用など。
  1. 野草・薬草の選び方と採取方法
  • 安全な採取: 野草・薬草の見分け方と安全な採取方法。
  • 保存方法: 採取後の適切な保存方法。
  1. 野草・薬草の紹介
  • 主要な野草・薬草とその効果:
    • よもぎ: 消化促進、解毒作用
    • たんぽぽ: 血液浄化、利尿作用
    • セリ: ビタミン豊富、抗酸化作用
    • どくだみ: デトックス、抗菌作用
    • 明日葉: 栄養価が高く、健康維持に役立つ
  1. 野草・薬草料理の基本
  • 基本的な調理法:
    • 生食: サラダやスムージーに使用。
    • 茹でる: おひたしや和え物に使用。
    • 炒める: 野菜炒めやパスタに加える。
    • 煮る: スープや鍋物に利用。
    • 揚げる: 天ぷらとして楽しむ。
  1. レシピ紹介と実習
  • 季節養生のレシピ紹介例:
    • よもぎの天ぷら
    • たんぽぽのサラダ
    • セリと豆腐の和え物
    • どくだみ茶
    • 明日葉のスムージー
  • 実習:
    • 調理のデモンストレーション: 講師がレシピを実演し、参加者に調理のポイントを説明。
    • 参加者の実践: 参加者が実際に料理を作り、試食。
  1. 野草・薬草料理の注意点
  • アレルギー: アレルギー反応に注意し、初めて食べる野草・薬草は少量から試す。
  • 有毒植物の識別: 有毒植物と食用野草の見分け方を学ぶ。
  1. 質疑応答
  • 質問タイム: 参加者からの質問に答える時間を設ける。
  1. 終わりに
  • まとめ: 講座の振り返りと、野草・薬草料理の魅力を再確認。
  • 次回予告: 次回の講座や関連するイベントの案内。
ハーブボール講座詳細

オンラインレッスンと対面レッスンの組み合わせ可能です。

6時間はご自宅で、マッサージレッスン可能。セルフケアの内容と、
モデルさんには、1時間程度、ご家族の方に、
お手伝いいただけると幸いです。

対面レッスンを行います。

<こんなことを学びます>
ハーブで包んだ布の「ハーブボール」で、
ハーブボールマッサージを学んで頂きます。

<こんなことが出来るようになります>
お年寄り、ご家族、ご友人にマッサージがご自宅で出来ます。
セルフケアもお伝えします。

プロの方が、ご自身の施術のサポートメニュに入れたい場合は
追加でハーブケア伝道師認定講座を受講ください。

<こんな風に教えます>
5回のセッションを通して
少人数制のグループで丁寧に教えます。
レクチャーとワークを組み合わせた二部構成です。
講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく学んで頂きます。

<持ち物>
よごれてもよいTシャツ、短パン、タオルなどをご持参下さい。

<定員数>
基本 4名
(要望と開催スペースに応じて変わります)

◼️ハーブボールホームセラピスト◼️
ハーブボールの効果的な当て方レッスン!開始です。 蒸したハーブボールの適温、どのくらいの長さで、どのくらいの圧力、
ここちよい1/fのようなリズムの確認。全身の施術ができるようになります。
ご自宅で、大事なご家族にもお伝えしてみませんか?

当ててあげる部位によって、
施術される方へのからだの不調を緩和してあげたい。
そんな優しい思いを込めてのお手当。
セルフケアでお灸箇所の部位を中心に温めていくので、不調緩和効果が期待できます。
また、体に触れられるのが苦手な方でも、手と手が触れ合いませんので、
ハーブボールの温かさと柔らかい感触で、
2人の距離も、近づいて、コミュニケーションにもなります。
ハーブボールの基本のお手当法をしっかりと学べます。
◇ 内容
【座学】・タイハーブについて
・部位別の熱の伝わり方
・ハーブボールマッサージの4つのポイント
【実技】・ハーブボールマッサージのデモンストレーション&練習
・部位に合わせた使い分け

・セルフケアおすすめ経穴プリントを見ながらの当て方

グループレッスン4回講座<テキスト込>
グループレッスンのみ遂行2名~ご夫婦、お母さま、お友達などでご一緒にまなびませんか?
遂行人数2名~4人まで

《特徴1》ハーブボールの施術を自分自身も受けますので講座+30分のハーブボールセラピーの癒し効果、疲労感和、自律神経のバランスが整う効果も期待できます。
《特徴2》一人はテキストを見ながら、施術されてる方を30分見ながらメモする。
後半、60分は、自分の太ももでのセルフケア練習方法を、交えます。→30分交代しながら施術練習!

②〜④内容は、1回につき2時間
①基礎編<歴史・ハーブボールの扱い方>
②上半身、首肩コリ腕背中
③下半身、むくみ改善
④子宮力アップと腰痛周り改善
⑤総括<60分>
マタニティクリニック勤務経験など症例数のノウハウをお伝えします。

保護中: ハーブボールホームケア/座学講座②タイ伝統療法概要(約30分)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: ハーブボールホームケア/座学講座①

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: ハーブボールホームセルフ ケア / 実技編動画

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2023薬草てらこや+お手当て講座

第1回 よもぎ手仕事

・よもぎオイル(100ml程度)
・よもぎオイルハーブボール作り

【①~④は同じ内容】
①4/29 (土) 13:00~15:00 オフライン:福岡会場 定員5人
②4/29 (土) 20:00~21:00 オンライン:ご自宅※室内教室アーカイブ含む(薬草郵送)

③4/30 (日) 13:00~15:30 オフライン:福岡会場 定員5人
④5/3  (水) 20:00~21:00 オンライン:ご自宅※室内教室アーカイブ含む(薬草郵送)

【タイムスケジュール】
13:00~13:15   皆さんで自己紹介
13:15~14:00   よもぎクラフト作成セッティング
14:50~14:30   待っている間は『よもぎの話』
14:30~15:00   オイルハーブボールの作り方.使い方
15:00~15:30   ふりかえり、片付け

ハーブ畑の野草でカプセル蒸留

カプセル蒸留(減圧水蒸気蒸留)
◆スゴイけどカンタン
水仙、梅、桜、クチナシ、バラ、金木犀など、デリケートな花の香りを蒸留するのはとても難しいものでした。
香りの強いハーブなどは水蒸気蒸留でも香りがとれますが、花の香りは、真空ポンプや低温冷却装置などが必要な「減圧蒸留器」という
特殊な機械を使わないととれないため、家庭ではできないものと考えられていました。

カプセル蒸留は、そんな常識を覆してしまう画期的な減圧蒸留器です。
器具は台所の片隅で使えるほどコンパクトで、特別な冷却装置や真空ポンプも必要ありません。
しかし、原理は、実験室や工業用蒸留器に使われれているものと同じ「減圧(水蒸気)蒸留」。
「カプセル蒸留」という名前の通り、完全密閉状態、真空、低温で蒸留するので、
デリケートな花の香りそのものの香りを抽出した最高品質の芳香蒸留水や精油を作ることができます。

まずは!体験講座は『4000円(税込み)』オンライン、出張対応しています。
オーガニックな化粧水を20mlお持ち帰りできますよ!

カプセル蒸留 LSアカデミー認定校です。

モリンガの鞘と葉のデータ比較

モリンガとは

モリンガは、ワサビノキ科の植物です。モリンガの根に香味があることからワサビノキと呼ばれていますが、ワサビとの関連はありません。フィリピンのタガログ語では、マルンガイ・カムンガイ・カモンガイなどと呼ばれます。

β-カロテンやカルシウム、鉄、ポリフェノールなどさまざまな栄養素を豊富に含んでおり、その栄養価の高さから「ミラクルツリー(奇跡の木)」「生命の木」とも呼ばれています。

モリンガは木や葉だけでなく種・幹・枝・花・根・茎・樹皮・鞘(ドラムスティック)といったすべての部分を食べることができ、利用価値が高いのも特徴のひとつ。

原産地は、インドを中心とする南アジアの地域や、アフリカ・南米の地域です。

インドでは食材として現地の人に食べられているほか、伝統医学「アーユルヴェーダ」に約300の薬効があると紹介され、紀元前から治療やマッサージ施術の素材として用いられていました。

キヌアやアマランサスと同じスーパーフードのひとつで、日本では自生していない植物です。

近年ではサプリメントをはじめとしたモリンガの加工品が販売されるようになり、少しずつ注目が集まっています。病害虫に強く、栽培が容易であるため、国内でも沖縄県で栽培されています。

モリンガに含まれる成分・栄養素

モリンガ100gに含まれる成分・栄養素は下記表の通りです。

モリンガ(ワサビノキ)100 gあたりの栄養価

部位 鞘(ドラムスティック)
エネルギー 64 kcal (270 kJ) 37 kcal (150 kJ)
炭水化物 8.28 g 8.53 g
食物繊維 2.0 g 3.2 g
脂肪 1.40 g 0.20 g
タンパク質 9.40 g 2.10 g
ビタミンA相当量 (47%)378 µg (1%)4 µg
チアミン (B1) (22%)0.257 mg (5%)0.0530 mg
リボフラビン (B2) (55%)0.660 mg (6%)0.074 mg
ナイアシン (B3) (15%)2.220 mg (4%)0.620 mg
パントテン酸 (B5) (3%)0.125 mg (16%)0.794 mg
ビタミンB6 (92%)1.200 mg (9%)0.120 mg
葉酸 (B9) (10%)40 µg (11%)44 µg
ビタミンC (62%)51.7 mg (170%)141.0 mg
ナトリウム (1%)9 mg (3%)42 mg
カリウム (7%)337 mg (10%)461 mg
カルシウム (19%)185 mg (3%)30 mg
マグネシウム (41%)147 mg (13%)45 mg
リン (16%)112 mg (7%)50 mg
(31%)4.00 mg (3%)0.36 mg
亜鉛 (6%)0.6 mg (5%)0.45 mg
マンガン (17%)0.36 mg (12%)0.259 mg
水分 78.66 g 88.20 g
%はアメリカ合衆国における成人栄養摂取目標(RDI)の割合。
出典: USDA栄養データベース
 
 
薬草料理マイスター講座2022年度募集開始

薬草料理マイスター講座、社会情勢により変更になる場合が多々あるかと思いますが、ご了承ください。
散策実習は先着抽選等で10名様同行可能、オンラインZOOM散策に変更など希望を取ります。
よろしくお願いいたします。振込の定員人数に達しましたらご連絡致します、よろしくお願いいたします。

薬草料理マイスター講座in福岡
★2022年度募集フォーム★

 

image

日程 2022年度4月から開始 第3日曜日

1講座 4400円(税込)※単発受講、
薬草散策会は参加人数余裕がある場合別途
募集することがあります。

12講座 52800円(税込)一括前払い入金
※薬草料理マイスター養成講座認定証書発行付き

6期生を募集いたします。
ZOOM講座にて足元にある
薬草、野草を学んでみませんか?
ご欠席の場合も録画再生で対応します。

薬草調理実習を年4回おこなっておりました。

こちらは、社会情勢により、薬草散策会に変更いたします。
また、薬草散策会は社会情勢にあわせて

矢野先生、スタッフ、先着募集し抽選少人数。
Live中継、録画など工夫します。

完全な中継にならない場合、
別途サブ講座になりますので
ご了承ください。

座学講座については、ZOOM開催になりますので、
全国、薬草を学ばれ、各地域にて薬草料理マイスター養成講座卒業生として
講師業等にお役立てください。

【授業料金】
4000円×12回分=52800円
一括振込(キャンセル不可)
※分割対応要相談(分割の場合1講座4400円)

【講座に含まれるもの】
テキスト20枚程度
8講座分の印刷配送料金
PDFデーターは含まれません

★授業カリキュラム内容
①薬草を調べるための主な植物用語

②おもしろサイエンス薬草の科学

③薬草・野草散策(Ⅰ)
<薬草散策は先着10名まで同行可能>
➡コロナ対策為ムービー対応

④料理にいかす身近な薬草(Ⅰ)

⓹料理にいかす身近な薬草(Ⅱ)

⑥薬草・野草散策(Ⅱ)
<薬草散策は先着10名まで同行可能>
➡コロナ対策為ムービー対応

⑦料理にいかす身近な薬草(Ⅲ)

⑧薬草料理の科学・栄養学

⑨薬草・野草散策(Ⅲ)
<薬草散策は先着10名まで同行可能>
➡コロナ対策為ムービー対応

⑩薬草のいろいろな利用法・アラカルト

⑪薬草料理レシピ集

⑫薬草・野草散策(Ⅳ)
<薬草散策は先着10名まで同行可能>
➡コロナ対策為ムービー対応矢野忠則先生

【講師】矢野忠則 薬学博士(熊本大学卒)
NPO法人おくすり研究会代表(大分在住)

久光製薬株式会社で医薬品の研究開発担う。
経皮吸収の第一人者。医薬品開発で広く活躍。

カテゴリー
月別アーカイブ
新着記事

イベント情報

event
2024年06月26日
2023年09月13日
2023年04月26日
2022年06月01日
2022年04月24日
2022年04月10日
2022年03月01日
2022年02月27日
     
イベント情報を詳しく見る

ブログ

blog
2024年07月19日
2023年08月24日
2023年08月24日
2023年08月17日
2023年08月12日
     
ブログを詳しく見る
メールでのお問い合わせ

ページトップへ